■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

そもそもレーシック手術というのは、角膜の厚みが十分にある人に対してしか適用されることがありません。
つまりレーシックによって痛みが生じるなんてことはほぼ無いといえるのです。

 

レーシックの手術は人の手で実施されるものになるので、まだ十分な実績と知識を持っていない医師が多くいます。
そのような医師の場合には、失敗して多少の痛みを生じてしまうことも考えられます。レーシックの手術を実施することで、多くの方が悩んでいることと言えば、手術中に痛みが生じるかということです。
レーシックにおきましては目の角膜の部分を手術によって治療がされるので、やはり痛みは気にしてしまうことだと思います。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:180705

減量を頑張っていても
どうしても我慢できないのがスナック菓子。

確かに減量中は、
スナック菓子を食べないのが一番いいんですが
全ての人がそんなに我慢強いとは限りません。

食べたくて食べたくて仕方ない人もいますよね?

そういう人は
我慢しすぎるとかえってストレスが溜まり、
急激な過食・大食いに走る可能性があります。

ですから被害を最小限に抑える意味でも、
減量を食べたくなったら食べちゃいましょう!
そのほうが減量に成功すると思います。

でも、いくつか条件があります。

まず、
いくらスナック菓子OKといっても、
連日はさすがにNG!

基本は
どうしても我慢できなくなったときだけです。
それを踏まえると7日間に一度、
駄目なら三日に一度ぐらいが
目安となるでしょう。

連日、食べたものをチェックしていけば、
前にいつスナック菓子を食べたのかわかりますよね。

また、
24時にご飯するほうが太りやすいですよね?
当然スナック菓子も
24時に食べたほうが脂肪になりやすいわけです。

ですから
どうしてもスナック菓子を食べたくなり、食べることになっても
24時には絶対食べないでくださいね。
ベストは3:00ぐらいまでに食べるのがいいでしょう。

そして、スナック菓子の量についてですが、
せいぜいケーキ一つ(約500カロリー)ぐらいですね。

コーラにポテチ、チョコ…なんて
まとめ食いしたらあっという間に
1000キロカロリーをオーバーしますよ!

和菓子が好きなら
その方が少し量を食べられるかも知れません。
洋菓子や揚げ物はやはりカロリーが高いですからね…

質より量!なんて思うんでしたら
食べるスナック菓子の種類も考えてみると良いかも知れませんね。