■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:180407

ダイエットするときには、
筋肉の量というものが大きく左右してきます。
筋肉がカロリーを最も消費するからです。

ですから、
効率的に体重を落としていきたい人は、
運動を日常生活の中に取り入れていくことが
お勧めなんです。

別に運動といっても、
肩コリ体操や肩コリ体操を一日に何百回もやれとは言いません。
そんなことをすれば、
ボディービルダーのように筋肉モリモリになってしまいます。
そんな体型を求めてダイエットする人は少ないでしょうからね?

一日十回程度の軽い肩コリ体操でOK!

ただ、肩コリ体操を行うときには、
「ゆっくり動作する」ということを心がけましょう。

回数こなそうとする人は
一回一回の動作が速くなっています。
動作が速くなっているということは、
自分が鍛えようとしている筋肉以外の部位を
動かしている可能性があります。

例えば、腹筋運動。
早く腹筋運動をしようとすると、勢いをつけることになります。

すると首の筋肉とか、
いすなどに脚を引っ掛けている場合には、
脚の力を使ってからだを起き上がらせています。
ということは、腹筋運動をしているように見えて、
腹筋への負担は半減しているのです。

回数を少なめにしてゆっくりと運動をする場合、
ほかの筋肉を動かすことがなくなります。
しかも運動をしているときに、
自分が今どこを鍛えているのかということを
意識しながら行うことができます。

どこを鍛えているか意識するということは
運動をする上で大変重要になってきます。
意識をすることによって、
より効率的な運動を行うことができるんだそうですよ!

スポーツ界でも「スロートレーニング」といって、
ゆっくりとした運動を行ったほうが効果が高いとされています。
回数は少なくてもゆっくりと確実にこなすほうが、
実はダイエットには大きな効果を発揮するみたいですよ!