■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意


■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:141021


本日、わたしが住んでいる品川は晴天です。

晴天の日もあれば、晴天の日もあり、晴天の日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
晴天の日もあれば晴天の日もあります。

やる気いっぱいに
「減量するぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいに減量を続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心にあめが降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「トレーニングをサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんなわたしなんかどうせ減量できない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「わたしなんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「わたしなんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも晴天の日もあれば晴天の日もあります。
そういうものなんです。

あめの日には傘を差してあめをよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少減量をお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
減量は必ず成功します。








オフィス移転ナビ
オフィス移転
URL:http://www.zeroin.co.jp/