■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:181120

友人と同じ日に同じ減量を始めたのに、
友人の方が痩せていくのが早い…

なんで?
こう思いますよね。
だって、同じ日に同じ減量を始めたのに!
痩せるスピードが違うなんて…

おれは痩せられないのかな、
何か間違ってるのかな、
こう疑問ばかりが浮かんでしまうかもしれません。

しかし、落ち着いて考えてみてください。
友人は、
減量前も自分と同じ生活、食事をしていましたか?
きっと違うはずです。

今までの生活パターンが違うなら、
痩せるスピードにも違いか出てくるのは当然の事なんです。

だから、友人は順調に痩せはじめてるのに、
おれは全然…と落ち込む必要もないんです!

自分の体は今痩せるための準備運動をしているだけであって、
減量を棄権したわけではないんですから!

準備運動が終わって、
痩せる体制になれば減量も順調に進むはずです。

おれも以前は無理な減量ばかりしていたので、
ちゃんとした減量を始めた時はなかなか痩せなかったんです。

無理な減量で痩せて、リバウンド。
この二つが体に染み付いてしまっていたので、
痩せる体制になるのに少し時間がかかってしまったんです。

しかし、
時間とともにしっかり体重も落ちはじめ、
全体的にバランスが取れはじめました。

体重の変化・痩せるスピードだけで
一喜一憂していてはダメなんです。

最終的な目標を思い返してみてください。
おれもそうでした。

体重を落としつつ、本当の意味での減量成功!
これを実現させる事ですよね。

他の人より痩せるのが遅いからと、悩まないでくださいね。
しっかりした減量をやっているのであれば、
みなさんもきっと減量に成功しますよ!