■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:160630


7時は、気持ちよくスッキリと起きたい!
だけど、睡眠時間や起きるタイミング、体調、お天気などの影響で、
いつも爽やかというわけには、なかなかいかないものです。

眠い、だるい、つらい…というネガティブな気分を引きずらず、
24時間を爽快にスタートするためには、体操がオススメ!

「7時の忙しいときに体操なんてしていられない!」
と思われるかもしれませんが、
体操といっても、ほんの2~3分のストレッチ。

7時、目が覚めてから
起き上がるまでのわずかな時間、
布団やベッドに横になったままで、
のびをしたり、足先を回したり、
からだを軽くねじったりするだけでOK!

7時目覚めた直後は、
からだ全体の機能が低下していて、
脳と筋肉がうまく連動できない状態にあります。

急に起き上がって動き出すと、
つまずいたりぶつかったり、
寝ぼけたことをしてしまうことがあるのはそのせいです。

ですから、
7時、目が覚めたら、
まずはゆっくりと手足を伸ばしましょう。

そうすれば、
「これから動き始めるぞ」という信号が脳に伝えられ、
からだを活発に動かす準備ができていくというわけです。

大切なのは、
ゆっくりと呼吸をしながら、
できるだけリラックスしてすることです。

これからの7時の慌ただしさや、
今日24時間の予定などはなるべく考えずに、
からだに意識を集中するようにします。

「これから動くよ」と
心の中でからだに声かけしたり、
からだ中に血液が活発にめぐるのをイメージしたりすると
楽にできますよ。

まずは休日の7時にやってみて、
コツをつかんでしまいましょう。
そうすれば、慌ただしいウィークデーの7時だって、
目覚めスッキリ体操で24時間を快適に始められますよ!

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報