■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:180519


減量をする時に気をつけるべきこととして、
食べる事と体操がありますよね。

ところでこの食べる事と食べる事について、
みなさんは、
行うべき順番があるというのをご存知でしょうか?

体操は、食べる事をしてから
しばらく経過をした時に行うのが良いと言われています。

食べる事をしてから十分な時間をとれば、
体の中に食料はなくなります。

すると、
体操をする時に使われるエネルギーは
純粋に体の中にすでに蓄えられている
脂肪や糖分をエネルギー源として使います。

ところが…
食べる事をした直後に体操をしたとします。

すると、
今体の中に取り入れた食べる事のエネルギーを
燃料のもとにしようとします。

減量は
体の中にたまっている余分な栄養分を
いかに使うかにかかっています。

ですから、
今摂取したものを使っては、
減量の効果が半減してしまうわけです。

よく朝早くに
ジョギングをしている方がいらっしゃいます。

あれって、減量の面から見ると、
非常に効率的な方法だと言えるんですね!

というのも、!--時間朝-->起きて体操するということは、
体の中に食べ物がないはずです。

なので、確実に、
すでに体の中に貯蔵をされているものが
エネルギー源として使われるんですよね。

食べる事をしてからしばらく経過した時に
体操をするのは、望ましいことです。

しかし、
水分も一切摂取しないというのはかえって危険ですから、
控えるようにしましょう。

俺たちの体の大半は、水分で構成されています。

ですから極度に水分を失うということは、
生命の危機に発展しかねないのです。

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報