■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切



■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:180520


置き換え減量には、
向いている人と向いていない人がいるようです。

例えば、
1回の食事量や間食が多いために
摂取エネルギーがオーバーしている人は、
置き換え減量をすると効果が出やすいでしょう。

食生活が乱れている人も、
置き換え減量をきっかけに
食生活を改善することができると思います。

また、
置き換え減量では
一食抜くような無理をする必要がないため、
「夕方食抜き減量」など
強引にカロリー制限をする減量が
長続きしない人に最適と言えます。

置き換え減量は、健康的な減量ですので、
リバウンドしやすい無理な減量を望まない人や、
急激な減量を望まない人にもピッタリです。

一方、減量を始める段階で既に痩せているのに、
更に痩せようとしている人にはあまり向いていません。

置き換え減量は
少しずつ体重を落としていく方法ですので、
既にそれ以上痩せる必要のない人にとっては
思ったほどの効果が期待できないでしょう。

また、今まで色々な減量に失敗した結果、
基礎代謝が低下して
太りやすいからだになっている人にも向いていません。

置き換え用の減量食品によっては
上手くいくかもしれませんが、
その商品の選択を誤ると
さらに基礎代謝の低下を招いてしまう危険性があるからです。

基礎代謝が低下すると
ますますリバウンドしやすくなる可能性があるので、
この場合も
なるべく置き換え減量は避けた方がよいでしょう。




■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報