■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない
両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。

レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。




■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:180618

皆さんは、
減量というと、
「食事制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

食事の回数を減らすとか、食事を抜く…といった、
過酷な減量をイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されている減量では、
1日3食の規則正しい食事を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりの食事の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

減量中にこそ
規則正しく食事する必要があるのには、
それなりの理由があります。

わたしたちのからだは、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

食事に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後の食事では、
とにかくできるだけ多くの栄養分をからだの中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、1日2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすいからだになってしまうわけです

食事抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

わたしたちのからだの特性から考えると、
食事の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しい食事のほうが、
減量には効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすいからだになるんです!
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報