■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:151107


人は赤ちゃんを産むと親馬鹿になる。
親馬鹿は親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全てのママたちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

ママであるなら
我が子供がどんな身体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それはママとして当たり前の反応なのである。

これが旦那になると
親馬鹿に余計に拍車がかかる。

娘が歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
息子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

旦那は自分で妊娠や出産をしていないために、
奥さんが思っている以上に親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
奥さんも旦那も親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

子供にとっては
親が親馬鹿になってくれるからこそ、
子供は脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えば子供が一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だから子供は脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしも父親もママも
「子供が一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
子供は脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

親が親馬鹿になってしまうのは、
子供が非常に可愛い顔をしているからである。

実は子供が非常に可愛い時期と、
親が親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

子供が非常に可愛いからこそ
親の理性のタガが緩んでしまい、
親は子供をとことん可愛いがることによって、
子供は脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報