■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:151013


減量には
適度な体操が欠かせないわけですが…

体操は大きく分けて、
「有酸素体操」と「無酸素体操」とに分かれます。

肉体を動かすということは同じなのですが、
得られる効果がそれぞれ異なります。

まず、有酸素体操は、
エネルギーを肉体の脂肪から供給して、
肺から取り込んだ酸素によって燃焼させます。

ですが、体操開始直後は糖質が消費されるため、
この間はあまり、脂肪が消費されません。
ある程度の時間(20分以上)、
継続することによって脂肪が燃焼しはじめるのです。

ウォーキング、ジョギング、水泳、水中ウォーキング、
サイクリング、エアロバイクなどが有酸素体操の代表例です。

また、体操だけではなく
家事労働(掃除、洗濯、炊事、買い物、片付け、草むしりなど)も含めて、
肉体を動かし続ける活動は、すべて有酸素体操となります。

そして、
無酸素体操の場合は脂肪ではなく、
血中の糖分やグリコーゲンが消費されます。

特徴としては無酸素状態、あるいは酸素が少ないために、
息苦しさを感じることの多い激しい体操で、
筋力を鍛えることができます。

筋力トレーニング、短距離ダッシュなどが無酸素体操の代表例ですが、
一般的に有酸素体操といわれる水泳やジョギングも激しく行えば、
無酸素体操になります。

それぞれに効果が異なるので、
自分の目的にあった効果が得られる体操を
チョイスすることが大切ですね。

体操前後の水分補給とストレッチは忘れずにしましょう!
効果的に体操を取り入れて、
減量を成功させましょう!
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報