■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:141116


減量中は、
規則正しく食事をするということが、基本中の基本です。

特に朝方食をしっかりと食べるということが、大切です。

朝方食を抜いてしまうと、
むしろ減量には逆効果につながってしまう恐れがありますので、
注意しましょう!

それは、ぼくたちの血糖に大きく関係をしています。

食事を食べない状態が続くと、
ぼくたちの体質は低血糖が続く状態になります。

朝方食を食べないということは、
睡眠時間もプラスすると、
半日はざらに食べない状態が続くことも十分に考えられますよね。

すると、ぼくたちの体質は
血糖を正常な値に戻そうという努力をします。

その一環として、
コルチゾールというホルモンを分泌するのです。

コルチゾールというホルモンは、
筋肉を分解することによって、糖質を作り出す働きがあります。
この糖質を活用することで、血糖をリカバーしようとするわけです。

筋肉というのは、
減量する上で欠かすことはできません。
筋肉が消費カロリーの大部分を占めているからです。

コルチゾールによって筋肉が分解されるということは、
筋肉の量が減少してしまうことを意味します。

ということは、再び代謝の力がダウンをし、
せっかく減量をして増やしてきた筋肉を
元にもどしてしまうわけです。

だから、減量にとって
朝方食は大切なんです!!

もし朝方一で食事をすることが難しいという人は、
午前中、仕事が一段楽したときにでも、
すぐに食べられるものを用意しておきましょう。

午前中に食事をすれば、
コルチゾールの分泌量を少なくすることができるからです。

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報